あえて不細工に風俗嬢を撮影する

近年は動画が普及してきているものの、それでも未だに客が風俗嬢を指名する時に最も重視しているのが写真です。店側も工夫して少しでも女の子を綺麗に見せようと必死になっている様です。

ただ、長い目で見た時に、この様な行動が利益に結びつくかというと疑問です。確かに一度は騙せるかも知れませんが、その客がリピートする可能性は限りなく低くなってしまいます。客の立場で言えば「騙された」という事なのです。その様な経験をすると女の子に騙された気持ちより、その店自体に騙された気持ちになるんですね。結果として店の収入も大きく減ってしまう事になります。

ここで店側には『あえて不細工に女の子を撮影する』ことを勧めます。これも嘘をついていると言えなくもないですが、不細工だと思っていたら実はそうでなかったパターンは客からすると嬉しい事なのです。最初に期待させるからガッカリしてしまう訳で、その逆をすればいいのです。

お客さんに嘘をつく罪悪感に耐えられないのなら、そのままの写真を出すのも選択肢の一つです。画像を全く加工しないのはもちろん、プロに撮影を頼まないようにする。そんなシンプルな写真で判断してもらうのが実は一番良いのかも知れません。

サブコンテンツ